なぁ~やんの日記

問おう❗️貴方が私にハスク菌を撒いたマスターか?

またハスクバーナー42スペシャル落札

はい。

新生児が産まれて1ヶ月半が経ち少しは育児に慣れつつあるなぁ~やんです。

今年の初めから貯まり過ぎた在庫のチェンソーを捌いていましたが、如何せん在庫が少なくなって来ると病気が発症してしまうんですよね~。

と言う事で1台手頃そうなハスクバーナー42スペシャチェンソーを落札しました。



f:id:kenkenchina:20240221194041j:image

デカい箱で漂着。

では、子供が寝ている隙に開封


f:id:kenkenchina:20240221194204j:image

取り出しました。

正面から。


f:id:kenkenchina:20240221194423j:image

背面から。

ちなみにこの娘、入札時に説明で点火がNGの説明がありまして。

テストプラグで確認したら確かに発火しませんでした。

それを確認してからバラし作業を開始。


f:id:kenkenchina:20240221203920j:image

この娘は思ったより汚部屋じゃ無い感じ。

そのまま作業続行してと。

では恒例のエンジンチェックをします。


f:id:kenkenchina:20240221204127j:image

排気側。

ホーニングラインたっぷり。



f:id:kenkenchina:20240221204221j:image

吸気側。

こちらもホーニングラインたっぷり。

まぁ当たりの範囲かと。

その後、燃料タンク迄バラして作業ストップしました。

取り敢えずマフラーガスケットの切れ・点火コイルの不良を修理して後はいつものメニューで行けば黄泉返りすると思います。




f:id:kenkenchina:20240221204814j:image


おまけです。

生後1ヶ月半の娘です。

今のところ何処も異常無く健康にすくすくと育っていますよ~。

ちなみに体重5キロ超えたので産まれたばかりの頃よりズシッとなって来ました。

 

人生の一大行事。

はい。

前々から予告していた一大行事が取り敢えず完了しました。

色々大変で疲れたのでさっさと発表します。

本日15時35分に我が家に第一子が誕生しました!

性別は女の子。

体重は3242グラム。

ここに辿り着くまでに不妊・不育治療をして早12年。

その間に第8週で死産が5回。

時には治療をやるか、辞めるかで離婚の危機までありました。

妊娠が8週を超えて何度か切迫流産になりかけ何度夜中に病院に駆け込んだことか…。

そして予定日の12月20日を超えても陣痛が来なくて不安な夜も過ごしました。

それがやっと実を結びました。

妻は12月25日から入院してその日から陣痛促進剤を入れて3日3晩陣痛に耐え私はそれに付き添い出産に立会いましたが、母体に対して子供が大きくて最後は妻はオペ室へ連行されて処置され30分後に無事に産まれました。

幸い母子に大きなダメージも無くホットしました。


f:id:kenkenchina:20231227230351j:image

分娩室で分娩中の妻。

めっちゃシンドそうでした…。

私なら耐えられないかと。



f:id:kenkenchina:20231227230538j:image

無事この世に産まれて来た我が子。

私はまだ全然実感が湧きません。

もう未知との遭遇ですよ。



f:id:kenkenchina:20231227230706j:image

出産後の処置を終えた妻。

本当にお疲れ様でした。

これから色々と大変かと思いますが夫婦協力してやって行こうと思います。

ハスクバーナー362XPスペシャル完了。

はい。

前回長い事時間掛けたハスク362XPスペシャルがエンジン掛けるも不調でしたね~。

今週半ばにオーダーして置いたハスク362XPスペシャル用のキャブレーターassyが入庫したとパーツ屋さんから連絡が来て居たので今日の朝イチに引き取りに行ったので完全黄泉返りさせるべく作業を再開しました。


f:id:kenkenchina:20231224164716j:image

引き取って来た新品キャブレーター。

さっさとバラしてと。


f:id:kenkenchina:20231224164812j:image

左・新品キャブレーター。

右・現状の問題有りキャブレーター。

早速スロットルワイヤーガイドを移植してハスクバーナー362XPスペシャル本体に取り付け。


f:id:kenkenchina:20231224165021j:image

新品キャブレーター組み込み中〜。

その後燃料とチェンオイルを注入して試運転。

流石読み通り。

普通にエンジンが掛かり、アイドリング回転〜最高回転数まで気持ち良く軽く吹け上がる様になりました。

今回は最高回転数14080rpmにセット。

その後アイドリング回転数も普通に維持するのも確認出来たのでアイドリング回転数を2900rpmにセット。

エンジンを停止させて再度エンジンが掛かるかも確認。

普通に再始動も出来る様になりました。

その間にチェンオイルの吐出具合も確認して微調整を済ます。

うん。これで完全黄泉返りする事が出来ました。

その後、燃料とチェンオイルを抜き取って軽く磨いて片付け。


f:id:kenkenchina:20231224165853j:image

これで何時でも出撃出来る様になりました。

ハスクバーナー362XPスペシャルはこれで完了ですが、今日はヤスオク出品用のハスクバーナー42スペシャルも試運転します。

ハスクバーナー362XPスペシャルの黄泉返り作業中に丁度クロネコヤマトさんがハスクバーナー42スペシャル用にオーダーして置いた15インチガイドバーを配達に来てくれたので仕上げ作業をする事にしました。

サクッとソーチェンとガイドバーを取り付けて試運転&微調整をして異常が無い事を確認。

今回はバローベの15インチガイドバーをセットしました。

その後記念撮影をしてと。


f:id:kenkenchina:20231224170521j:image

前から。


f:id:kenkenchina:20231224170539j:image

背面から。


f:id:kenkenchina:20231224170554j:image

斜め前から。


f:id:kenkenchina:20231224170621j:image

斜め背面から。


f:id:kenkenchina:20231224170732j:image

最終型になりますね。

その後梱包をしました。

興味のある方はヤスオクに出品しますので見に来て下さいね~。

個人販売も致しますので、興味のある方はコメント下さい。

さて、来週は人生の一大行事が到来すると思うのでどうなる事やら。

それはまたブログで書こうと思いますのでお待ち下さいね~。

チェンソーシーズンに入りました。

最近バタバタしていたのでまたブログをサボったなぁ~やんです。

12月に入ったのでぼちぼちチェンソーを触り始めました。

取り敢えずコツコツ黄泉返りさせた後にそのまま放置して居た

チェンソー君達が倉庫の中で増え過ぎて置き場が無いのでヤスオクに出しました。


f:id:kenkenchina:20231214091058j:image

取り敢えずハスク242XPGを出品して無事落札されて行きました。

売り上げ金を使ってガイドバー&ソーチェンを仕入れてと。


f:id:kenkenchina:20231214091322j:image

取り付け、各部作動確認してまた出品。


f:id:kenkenchina:20231214091408j:image

今度は幾らで売れるかな?

只今出品中です。

その間に黄泉返り途中で止まっていた、ハスクバーナー362XPスペシャルもぼちぼちやって行きます。


f:id:kenkenchina:20231214091658j:image

オーダーして置いた、クラッチカバー・マフラー類が届いたので組んで行きます。


f:id:kenkenchina:20231214091809j:image

アウタースパイクを取り付けて、


f:id:kenkenchina:20231214091844j:image

組みました。

次はマフラーを取り付け。


f:id:kenkenchina:20231214091922j:image

この子達を組んで行きます。


f:id:kenkenchina:20231214092013j:image

マフラー本体を仮組みしてと、


f:id:kenkenchina:20231214092059j:image

マフラーサポートも取り付け後に各ボルトを本締め。

その数日後。

遅れて来た残りのガイドバーとソーチェン。


f:id:kenkenchina:20231214091615j:image

この娘は私の私物にするので拘りの物をセレクト。

それを組んでと。

翌日記念撮影。
f:id:kenkenchina:20231214092405j:image

前から。


f:id:kenkenchina:20231214092519j:image

背面から。

今回は3/8ラージマウント20インチガイドバーに選定。


f:id:kenkenchina:20231214092635j:image

斜め前から。


f:id:kenkenchina:20231214092656j:image

斜め背面から。


f:id:kenkenchina:20231214092716j:image

上面から。

ここから、試運転をしたのですが……。

数回リコイルロープを引いて初爆確認して、チョークを戻して再びリコイルロープを引けど一向にエンジンが掛かる気配が無い……。

やれやれ。

取り敢えずスパークプラグを外して確認すると、燃料でベッタベタ。

エアーでシリンダー内に溜まった燃料を排出して再度リコイルロープを引いても同じ状態。

仕方ないのでシリンダーカバーを外して確認。

あら〜……。

エアークリーナーケースに燃料の池が出来ているんですけど~。

いわゆるキャブのオーバーフローって奴です。

なので燃料タンクから一回燃料を抜き取ってキャブを取り外し再度キャブをオーバーホールしてみます。

オーバーホール後再度組み込み、エンジンを何とか始動させるも最高回転数はまぁまぁ上がるものの、アイドリングから高回転時に移行する感じがモタつくなぁ~。

キャブのL側を調整するも改善せず……。

アイドルスクリューを回し込んでも駄目と来たもんだ……。

なので諦めて新品キャブをオーダーする羽目になりました。

なのでハスクバーナー362XPスペシャルはまた作業ストップになっちゃいました。

年末迄には完成すると良いのですが…。

そんなこんなの最近です。

一体この362XPスペシャルを完全体にするのに幾ら掛かるんだか。

困った娘です。

まぁだからこそ愛着も沸くんですけどね~www

 



 

最近の休日の過ごし方。

この2連木は年末に掛けてバタバタする事が決定しているので、普段12月に入ってからやる事を前倒ししてやって行きます。

23日朝。

いつもは12月中旬にやる我が家の車達を夏タイヤから冬タイヤに交換しました。


f:id:kenkenchina:20231124202946j:image

まずは、自分の車から。

ジャッキアップしてと。


f:id:kenkenchina:20231124203024j:image

インパクトレンチでホイールナットを外して、夏タイヤを取り外し。


f:id:kenkenchina:20231124203120j:image

冬タイヤを取り付けてインパクトレンチでナットを締め付け後にトルクレンチで規定トルクで増し締め。 

それを4本分繰り返し。


f:id:kenkenchina:20231124203301j:image

はい。

私の車は完了。

次。

同じ様に妻の車もタイヤ交換して行きます。


f:id:kenkenchina:20231124203405j:image

ジャッキアップして夏タイヤを外してと。


f:id:kenkenchina:20231124203434j:image

冬タイヤを取り付けてインパクトレンチでナットを締めてと。

最後にトルクレンチで規定トルクで増し締め。
f:id:kenkenchina:20231124203540j:image

はい完了。

その後、外した夏タイヤを洗浄します。


f:id:kenkenchina:20231124203640j:image

洗浄したら、拭き上げて乾燥させて倉庫へ。

その間に先日修理したヤンマー運搬車のエンジンをクライアントさんが引き取りに見えたので修理内容を説明して引き渡し。

その後、妻と買い出しに行って休みが終了しちゃいました。

そんな休日でした~。

ヤンマーMCG91用エンジン修理

と言う事で、今日はヤンマー運搬車のエンジン修理をしていましたなぁ~やんです。

先日、82歳の馴染みの常連さんから電話がありまして。

「近い内にエンジンが掛からない機械があるから頼むわ。」と。

私「はいよ~。」

と、この時は刈払機かチェンソーだろうと思って居まして。

数日後夕方に電話があり、「今から持ってくわ。」と。

30分後位に来訪したので修理品を確認すると………。

私「!?」


f:id:kenkenchina:20231117213222j:image

こんなんが修理品として来たんですけど〜。

常連さんに聞いてみると。

「俺の連れが運搬車を長い事放置して連れが使おうとしたら全然エンジンが掛からなくて、俺が見に行ったらエンジンが雨晒しになってて俺が直そうとしたがアカンかったわ。連れにどうにかならんか?って頼まれてなぁ~やん君なら何とか出来るかと思ってエンジンだけ降ろして持って来たわ。」

私「おっおう……。」

常連さん「時間はいくら掛かっても良いし勿論掛かった金額は払う、なぁ~やん君が診て駄目なら諦めさせるから悪いが直してみてくれ。燃料タンクは洗浄してエンジンオイルは交換した。後はキャブが水浸しでアカンかもしらん。取り敢えず宜しく頼む。」と言って帰っちゃいました。

え〜と、私の副業は基本2ストの刈払機・チェンソーが専門なんだけど………。

まぁ、慣れてるし、やるか……。

と言う訳で作業開始。

キャブを早速バラす。

………予想通り、錆と変質したガソリンでエライことになっとる。めっちゃ腐ったガソリン臭がする。

取り敢えず全てのジェット類をバラしてキャブクリーナーの池にドブ漬け。

他の部分もバラして損傷を確認して洗浄。

取り敢えずエアクリーナー消失、燃料ホースパリパリ、燃料コックのパッキン・キャブのフロートパッキン共にパリパリ、スターターロープが切れそうな位かな。

スパークプラグとかはまだ綺麗だから大丈夫。

そして本日。

必要パーツをいつもの農機具屋で調達して作業開始。 

取り敢えず簡単に終わる所から。


f:id:kenkenchina:20231117215522j:image

まず点火コイルとフライホイールの非接触マグネット部分の錆を除去します。

次にスターターオーバーホール後、新品スターターロープに交換して取り付け。

この時リコイルを数回引いて感覚を確認した後にインマニからエンジンコンディショナーを吹き入れて、初爆があるか?確認。

取り敢えず数秒間はエンジン始動したのでエンジン本体は大丈夫そう。

次にキャブを再度徹底的に洗浄して組み立てます。


f:id:kenkenchina:20231117215739j:image

キャブの洗浄だけで1週間と1時間半て……。

何とか納得する位になったのでエンジン本体に組み付けます。


f:id:kenkenchina:20231117220019j:image

はい。組みました。

その後燃料コックも徹底的に洗浄して燃料ホースも交換して取り付け。


f:id:kenkenchina:20231117220132j:image

燃料タンクも洗浄して取り付け。

その後エアクリーナーケース・エアクリーナーを取り付けて、エンジンオイルを確認後、燃料を入れてみます。

数分待つと……。

あらら、キャブのオーバーフローパイプとエアクリーナーケースから燃料がポタポタ出て来ました。

やれやれ。あれだけ洗浄したのにオーバーフローかいな。

なので再度キャブを取り外して再度洗浄。

そして再度キャブを取り付けて燃料コックをオンにしてキャブに燃料を流して数分待って確認。

今度はオーバーフローもしないし、各部から燃料漏れも無いからエンジンを始動させてみます。

何回かリコイルを引くと長い間寝ていたみたいで最初凄い量の白煙を上げながら「ポロン…ポロン…ポンポン…ポポポポポ〜」と無事エンジン始動。

エンジン暖機後低回転〜高回転迄のスムーズさを確認してキャブを微調整しながら安定したらアイドリングも調整。

まぁ、アイドリングが少し不安定だけど常連さんに動画を見せたら「それでOK」のサインが出たので気にならない程度に調整して置きました。


f:id:kenkenchina:20231117222030j:image

その後少し拭き掃除して完了しました。

そんな1日でした。